カーテン 取付・施工事例 – 大阪市西区 T様 / 京都市北区 I様

メーカーのカタログからの写真ではなく、実際のお住まいに施工したものは一番参考になるのではないでしょうか?最近のカーテン取り付けの施工事例から、プランの参考になりそうなものをいくつかピックアップしてみました。

 

1.出隅(ですみ)・入隅(いりすみ)のある「かぎ型」レールの施工例

まずはT邸の施工事例です。

出隅、入隅と聞いてもわからない方も多いと思います。

出隅(ですみ)…2つの壁や、板が出会う出っ張った隅(角)のこと
入隅(いりすみ)…出隅の反対の引っ込んだ隅(角)のこと

出ずみ 入りずみ

天井レール部分

堀り上げ天井に付いている「かぎ型」のレールの取り換えとカーテンの取り付けを行いました。

出ずみ、入りずみのあるレール
入隅はレールをカーブさせ、出隅の所から切り替えます。こういう「かぎ型」の場所の時は、どちら側からの見栄えを優先するか?どこで分けるのが一番きれいに納まるか?を重視して決めて行きます。

分かれ目の所も、そこからの光漏れが問題にならないようレールの重ね具合などを計算して取り付けを行います。

出ずみ、入りずみのある窓
レース、ドレープ共に取り付けた状態。クラシックで重厚な感じのカーテンが付くとグッと高級感のある部屋らしくなります。

出ずみ、入りずみのある窓
レースもきれいに納まりました!優しい刺繍のトルコレースが素敵ですね。

出ずみ、入りずみのある窓
レールが切り替わる部分もピッタリ納まりました。高さのある窓なので、ゴージャスな雰囲気になりました。

 

2.木を活かした心地よいナチュラル感のあるインテリア空間に

腰窓・棚上まで納め

棚のある腰窓

次はI邸の施工事例です。

ウッドデッキが見えるリビングの腰窓。手前のソファの邪魔にならないように、窓枠の中にレールを付け遮熱やUVカット、遮像効果のあるレースを棚までの丈で取り付けました。

こういう窓の場合、シェードにすることも多いのですが、前にソファがあるのでチェーンの操作などしづらい場合もあり、また風を入れるなどして汚れも付きやすい場所の場合は、カーテンの方がお洗濯も簡単にできるのでお薦めです。

ロールスクリーン、断熱効果
リビング横の階段へ続く部分。パイプ手すりで開放的な空間ですが、開けっ放しだと冷暖房の熱効率も悪くなるのでロールスクリーンで仕切れるようにしました。吹き抜け部分の窓からの視線を遮ることもできるようになっています。

ロールスクリーン・断熱・遮像
ロールスクリーンを下したところ。生地にベージュカラーを選んだことで、ナチュラル感があるスッキリした空間のイメージは残したままです。物入を兼ねたウッドのベンチシートも素敵ですね。

クローゼット入口・ロールスクリーン
ファミリークローゼット入口のロールスクリーン。天井に合わせて清潔感のあるホワイトにしたことで明るくスッキリした印象になりました。

クローゼット入口・ロールスクリーン

杉材のフローリングや無塗装の扉など木を活かした空間と、カーテン・ロールスクリーンの調和がとれて、快適さも叶える、とても素敵なお住まいになりました。

 

まとめ

いかがでしたか?色々な条件やご希望のある中、もっとも満足していただける商品やスタイルをご提案し、無事に納め終えた時はホッとします。これからも快適なくらしを叶えるために、ご満足いただける商品やサービスの向上に努めて行きたいと思います。

 

関連記事

カーテン 取付・施工事例 – 兵庫県伊丹市 M様

北欧デザイン カーテン 取付・施工事例 – 大阪府茨木市 M様

カーテン 取付・施工事例 – 大阪府 児童福祉施設 様

タイトルとURLをコピーしました