カーテンに裏地をつける3つのメリットとは?

,

Pocket

オーダーカーテン担当の森です。

「このカーテンには裏地はついているの?」というご質問をお受けすることがあります。一部の既製カーテンには、はじめから裏地がついているカーテンが販売されていることがありますが、オーダーカーテンの場合は、はじめからカーテン生地に裏地がついていることはほとんどなく、裏地を選んで厚地カーテンに取り付けることになります。そして、カーテンに裏地を付けることで、機能面で様々なメリットがあります。今回は、そのメリットを3つご紹介します。

1.保温性がアップする

保温性 イメージ
表面の生地にもう一枚裏に生地を合わせることによって生地と生地の間に空気の層が生まれ、保温性が高まります。窓と部屋の間を何枚もの生地で間を仕切ることによって、より窓からの熱や冷気を防ぐことができます。

2.生地の傷みを軽減させる

カーテン 日差し
日差しが窓から直接に差し込むと、紫外線により部屋のフローリングや壁などのクロスを変色させてしまうことがあります。カーテンには、その日差しを妨げ緩和させる役割を担っていますが、生地に紫外線が当たり、日光にさらされると繊維がもろくなり劣化の原因になります。また、レースカーテンにUVカット機能などがついておらず、日光を通しやすい生地の場合、厚地カーテンに日光が当たり耐久性が弱まります。しかし、厚地カーテンに裏地を付けることによって、日差しによる劣化を防ぎ、耐久性を高めることで、カーテンをより長く使うことができるようになります。

3.遮光性を高める

裏地付きカーテン
裏地に選ぶカーテンは遮光の生地が一般的です。遮光機能がついていない厚地カーテンに、遮光裏地をつけることで、遮光カーテンと同様の効果を得ることができます。

・まとめ

いかがでしたでしょうか。厚地カーテンに裏地をつけることで、保温性、生地の傷み軽減、遮光性など様々なメリットがあります。裏地を付けることで、価格が少々高くなる場合がありますが、それ以上に裏地を付けることで選べるカーテンの幅が増え、より満足できるようなカーテンに出会えるチャンスが増えるのではないでしょうか。

 

Leave a Reply