レースカーテンだけのシンプルな暮らし方

,

Pocket

重いドレープカーテンなしでレースカーテンだけを吊るす、そんなシンプルな暮らし方はいかがでしょうか?

一般的に日光を遮ったり、窓ガラスから出入りする熱を防いで省エネ効果を上げたり、外から部屋の中を見えにくいようにするためにカーテンは存在します。

シャッターがあって閉めれば部屋を暗くできたり、断熱仕様の建材で造られていて熱の出入りをあまり気にしなくても良い場合や、お向かいを気にしなくていい高層マンション、一戸建てならフェンスや植栽で直接お部屋が外から見えない場合などの条件が揃えば、窓周りをスッキリさせることができるひとつの方法です。

 

1.リビングの大開口窓を生かす

レースカーテン シンプル
FT6610-FT6638

広々とした空間を生かすために、開けて寄せた時に大きなボリュームになるドレープカーテンを敢えて吊らず、両方掛けていてもかさばりにくく明るさも取れて軽やかなレースカーテンのみでコーディネートしたリビングです。

レース同士ですが、両方を引けば昼間は中を見ることはできませんし、夜もぼんやりと見えるくらいなので、庭やフェンスがあれば大丈夫です。写真のように全幅ではなくいくつかに分けてカーテンを作ることで所々開けて庭の緑が見えたり、風を入れるようにするのも良いアイデアだと思います。

 

2.優しいイメージのお部屋を重くならないようにしたい

レースカーテン シンプル
ME8426

白を基調としたエレガントなお部屋、夜はシャッターなどで閉めることができるなら思い切ってこんなおしゃれなレースカーテンだけで過ごされてはいかがでしょうか?可憐な草花がプリントされたところは視界が遮られ、間の空間部は透けるようになっています。

レールを窓枠より少し上に付ければ高さを強調できお部屋も広く見えます。カーテンの丈も敢えて窓枠より下げて床までにしていることも縦ラインを強調できています。少し狭い部屋などは、このテクニックを使えば良さそうですね。

 

3.小窓をスッキリ覆う

レースカーテン シンプル 目隠し
FT6611

ちょっとエスニック風の手描き調モチーフをプリントした生地で小窓の中に納まるように作ったカーテンです。小窓の場合、ロールスクリーンやブラインドなどの機械物にされることが多いのですが、あまり機械がお好きでない方、お掃除が大変と感じられる方には、カーテンをボリュームの少ないレースで作れば隙間が空くことなく覆えて、お洗濯も簡単にできます。

しかもあまり開け閉めがない窓ならこの生地のような”採光拡散”タイプにすれば、明るさが損なわれないので閉めたまま過ごすことも可能です。

 

4.ロールスクリーンとの組み合わせ

レースカーテン ロールスクリーン
日中は、軽やかなレースだけでも良いが夜は人目も気になるし部屋の中が見えないようにしたいという方には、レースカーテン+ロールスクリーンまたはブラインドの組み合わせをお勧めします。窓枠の内側に取り付けをすればスッキリと収まり、レースのカーテンの邪魔をすることなく機能を発揮してくれます。

 

まとめ

最近の住宅は、建材も良くなり断熱に関してはカーテンの力を借りなくても済むものも増えています。それでも生活の中に色や柄のある布を配置することは気持ちが豊かになり心が癒されます。風に揺れるレースのカーテンを見て季節や自然を感じることは人にとって必要なやすらぎになることでしょう。