遮光って必要?不要?「遮光性なし」だと得する理由。

,

Pocket

オーダーカーテン担当の河野です。

カーテンを選ぶ時に遮光にするかどうか…悩む時もあると思います。一般的に、リビングや洋室など、カーテンを閉めた場合でも部屋を暗い印象にしたくない場合は、遮光性のないものがおすすめです。

確かに遮光カーテンは日差しを遮り、生地もしっかりしているものも多いですが、例えば西日を遮りたくてカーテンを閉めると、外が明るい時間でもお部屋の照明をつけなければならなくなってしまいます。そのような時、合わせるレースカーテンに機能性のあるものを選ぶことによって、ドレープカーテンは遮光生地にしなくても適度に光を遮って快適に過ごすことができます。

今回は、遮光性がないカーテンのお得な理由をご紹介したいと思います。

 

日差しが当たるとデザインの見え方が変わる

遮光のカーテンは生地に黒糸を織り込むか、裏地をつけている場合が多いので、日差しが当たってもあまりデザインの見え方が変わらないことが多いですが、遮光性がないカーテンは日差しが当たると、ほどよくデザインが淡く透けるので、見え方が変わりきれいです。

日差しの当たり方によってグラデーションのように見えたり、柄部分だけが透けて見えるような印象になる場合もあり、本来のデザインとは異なるイメージで楽しめます。また、日差しの当たる昼間と、日の出ていない夜間でも、2パターンの違った雰囲気を感じることができます。

スミノエ 遮光性なし ドレープ

生地の軽やかな印象で部屋がすっきり見える

生地の分厚さからくる圧迫感がないので、ヒダ仕様をボリューム多めにしてもすっきり見えます。形態安定加工などのヒダを整える加工をすると、より一層納まりもよく、窓の横幅が広い場合にもおすすめです。また、カーテンを束ねる時のボリュームも抑えることができます。

スミノエ ドレープ すっきり 凉げ 明るい

明るい色のデザインが豊富

遮光性を気にしなければ、選べる生地は豊富です。遮光カーテンは中に黒糸を織り込んで遮光性を持たせている場合、なかなか明るい色や淡い色というのはきれいな色が出にくいこともあり、種類が少なめです。黒糸の色が生地のデザインや色に影響してきます。

また、裏地をつける場合でも、裏地自体が遮光の生地で濃い色のものが多いので、裏に縫い付けた時にも表の生地に少なからず影響する場合が多いです。ホワイト、アイボリー、ピンク、オレンジ…パステルカラーなど、明るい色のカーテンがお好みであれば、遮光性なしのカーテンがおすすめです。お部屋がパッと明るくなり、気分も上がりそうです。

明るい パステルカラー 川島織物セルコン

遮光性を取り入れるか迷っている時は、逆にデザインや色を活かすという方向から遮光性のないカーテンにしみてはいかがでしょうか。遮光性がないことで楽しめるポイントもたくさんあるので、是非ご検討下さい。