和室だけじゃない!洋室+プリーツスクリーン 事例 3選

,

Pocket

オーダーカーテン担当の森です。

「プリーツスクリーンというと和室」というイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか?プリーツスクリーンに使われる素材は、ポリエステル素材の不織布が中心となっていますが、最近では和紙の風合いに近づけた不織布生地がつくられるようになったこともあり「プリーツスクリーン=和室」というイメージが強くなってきているようです。今回は、そんなイメージを覆すような、洋室にプリーツスクリーンをコーディネートした事例を、ニチベイの「もなみ(スタイリングブック)」より、3つご紹介させていただきます。

・淡いトーンの上質感

ニチベイ もなみ
さっぱりとしたクールな印象のホワイトシルバーに、淡く透けるリーフのやさしい雰囲気が、ナチュラルモダンな部屋に優しさと華やかさをプラスし、上質感を演出してくれます。

・爽やかな海辺スタイル

ニチベイ もなみ
海辺を思わせるライトブルーの生地に麻布のような素材感がある生地を合わせた海辺のインテリアスタイルです。潮風を感じさせる小物使いに木のぬくもりが合わさって、のんびりとした空気が漂いながらもオシャレでスタイリッシュな空間に仕上がります。

・ツートーンですっきりまとめる

ニチベイ もなみ
織りの風合い豊かなデザインに、落ち着いたブラウンの濃淡を組み合わせたプリーツスクリーン。ダーク調にまとめたインテリアや内装材に、ツートーンのプリーツスクリーンを合わせて、スタイリッシュさの中にヴィンテージ感を演出しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は和室に選ばれることの多い不織布ではなく、ポリエステルの素材のものをメインにご紹介しました。プリーツスクリーンはスッキリさと柔らかさを兼ね揃えており、意外とどんな部屋にも合わせていただきやすい商品になっています。是非、みなさまも挑戦していただければと思います。