迷ったときは、同系色コーディネート。3つの事例をご紹介!

[投稿日],

オーダーカーテン担当の河野です。

カーテンの色を考える時、アクセントクロスなどの壁紙、家具、床などの色と調和を考えて選ぶのが一般的ですが、全体の雰囲気を一つに調和させるためには、どのようにすれば良いのか迷われることもあるかと思います。今回は、お部屋内に使用されている色と同系色で合わせるパターンのコーディネート例を3通りご紹介します。

清潔感あるホワイト系

壁紙はアクセントクロスなどをされていない時は、一般的に多いのはホワイト系です。さらに、家具や床をホワイト系でまとめられている場合は、全体がすっきりして統一感があり、差し色としてカーテンに色味を入れるよりも全体を同系色系、もしくはワントーン濃いめぐらいの色でまとめられる方もいらっしゃいます。全体的にすっきりとした印象になり、清潔感が出ます。そして、濃い色がないことで落ち着きも出ます。

よく「壁も白でカーテンも白だと白すぎますか?」というご質問を受けますが、確かにカーテンも真っ白だとカーテンを閉めた時に、壁の続きのようなイメージになるので、すっきりしすぎるのも・・・という方は、壁紙よりも少しだけ色のトーンを濃くすると壁とメリハリが出てきます。当店でも、アイボリーやベージュが人気です。馴染みやすく、温かさのある雰囲気になります。

ホワイト 清潔感 すっきり スミノエ

モダンテイストのブラウン系

モダンな雰囲気にしたい場合、壁紙も床もダークブラウン系の場合があります。カーテンも濃いベージュ系やダークブラウン系にすると、落ち着いた空間を演出できます。寝室などで、あまり明るさより落ち着きを重視したいお部屋には、こういったパターンも素敵です。お部屋によって印象を変えていただくのも方法です。

ダークブラウン モダンテイスト スミノエ

スタイリッシュなホワイト×ブラック系

アクセントクロスで壁紙に色を取り入れる場合もあると思います。アクセントクロスにブラック系、他の壁紙はホワイト、家具もホワイト×ブラックの2色で抑えると、統一感とスタイリッシュさがでます。対照的な色の組み合わせですが、明るさと暗さの色の比率を変えることにより、雰囲気を大きく変えることができます。

白 黒 モノトーン スタイリッシュ 川島織物セルコン

いかがでしたでしょうか?全体の雰囲気を考えると、壁紙や家具、床など色々な面からカーテンをどのような色にすればいいのか悩まれる方も多いと思いますが、全体的に同系色系でまとめるとお部屋全体の統一感が出ます。もし、色のコーディネートに迷われた場合は、今回ご紹介させていただいた3通りの事例をご参考にしていただけますと幸いです。

タイトルとURLをコピーしました