見飽きたカーテンにひと工夫!イメージを変える3つの裏技とは?

,

Pocket

オーダーカーテン担当の西岡です。

カーテンはお部屋の印象を大きく変えるインテリアアイテムです。しかし、カーテンを季節ごとに替えたり、模様替えといってすぐに買い替える方はそれほど多くはありません。そこで、カーテンを吊り替えずに、簡単にカーテンの雰囲気を変えることのできる3つの方法をご紹介します。

1.カーテンリングにチャームをつける

ウィンドウチャーム パール トーソーラインドロップ トーソー
あまり知られていませんが、「ウィンドウチャーム」というアイテムがあります。タッセルやレールに組み合わせたりフサカケにぶらさげたり、いろんな使い方ができるチャームです。装飾が大きく、アクセントになるデザインがポイントです。

左の写真はカーテンのフックをひっかけるリングにチャームを取り付けて、カーテンの上部に飾りがついたようになっています。そして、右側の写真は「ラインドロップ」というもので、同じくカーテンリングに吊り下げてカーテンのヒダの間に垂れ下がり、カーテンを豪華にしてくれます。

どちらも今のカーテンがシンプルすぎて少しつまらない...というかたにおススメです。カーテンリングにチャームを付けるだけですので、カーテン専用のチャームでなくでもリングに通すことのできるストラップやキーホルダーなどを応用すれば、簡単にかわいくアレンジすることができます。

2.タッセルを変える

タッセル トーソー サーモンピンクウィンドーチャーム トーソー
カーテンを購入するとき、カーテン生地と同じ生地のタッセルを使われている方が多いと思います。しかし、カーテンの印象は、カーテンタッセルを変えるだけで大きく変わります。

現在、様々なデザインのタッセルが販売されています。大きな房がついていてクラシックで重厚感あるデザインのものや、パールやクリスタルがついていてゴージャスなもの、コットン素材でできたナチュラルなものなど、すこし探せば今吊られているカーテンにきっと合うものが見つかるはずです。

右側の写真のように装飾タッセルにするだけでなく、共布タッセルのままで、チャームをひっかけるというのも簡単でおススメです。他にも、カーテンを可愛い印象にしたければタッセルをリボンでくくったり、カジュアルなデザインのものであれば毛糸などでタッセルを手づくりしてくくれば、自分だけの個性的なスタイルにアレンジすることができます。

3.カーテンをクリップで留める

カーテンクリップ マルクラ
腰高の窓や出窓などのレースカーテンをアレンジするなら、クリップで裾をまとめて留めると印象が大きく変わります。

写真のようにお花がついているかわいらしいクリップで留めれば、カーテンの印象が大きく変わります。カーテンをアーチ形や、スカラップ型にオーダーすると、通常のカーテンよりお値段が高くなりますが、クリップを利用することで、簡単に低予算でアレンジすることができます。

・まとめ

いかがでしたでしょうか?カーテンにチャームをつけたり、タッセルを変えたり、クリップでとめたり、少しの工夫をするだけで、カーテンのイメージはガラッと変わります。カーテンを買い替えるまではいいけど、できるだけ費用をかけずに雰囲気を変えたいとお考えの方は、今回ご紹介した3つの方法を試していただければと思います。

 

Leave a Reply