カーテンをおしゃれに見せるタッセルの種類をご紹介

[投稿日],

オーダーカーテン担当の森です。

カーテンをよりおしゃれに見せるためには、“タッセルを利用する”といった方法があります。タッセルはカーテンと同じ生地で作る共布タッセルの他に、房付きのタッセルやスワロフスキーがついたタッセルなど様々な色、形の種類があり、これらを総称して装飾タッセルと呼んでいます。カーテンに合わせるタッセルによって部屋の雰囲気が全く違う空間になることもあります。今回は子ども部屋や可愛くお部屋をコーディネートしたい時におススメの装飾タッセルをご紹介します。

シンプルなカーテンにアクセントとしてリボンがついたタッセルを使う

装飾タッセル サイドリボンタッセル
こちらはサンゲツのバイアステープ使いのサイドリボンタッセルです。船形のタッセルにバイアステープで縁取りをしたデザインがとても可愛らしいです。色は好みの色を組み合わせることが出来るので、自分自身でご購入していただいたカーテンに合うタッセルにすることも可能です。オーダーならではのコーディネートを楽しんでいただけます。
共布 リボンタッセル
カーテンの生地をリボンの形状に仕上げてタッセルにしたものもあります。

可愛らしく華やかに

FN408 装飾タッセル
あめ玉のような可愛らしさがありつつ、すっきりとカーテンをまとめることができる装飾タッセルです。色は3色ありますがどれも淡い色味でデザインされているので、アクセントに使うというよりも柔らかい印象を与え、掛けているカーテンに馴染みのよいタッセルになっております。子ども部屋におススメしたい装飾タッセルです。

カーテンをシュシュでまとめているかのように魅せる

装飾タッセル シュシュタッセル
色のバリエーションが多く色々なカーテンに合わしていただきやすいです。カジュアルにも可愛くにも仕上がる装飾タッセルです。

まとめ

デザイン性をより重視したカーテンも素敵ですが、シンプルなカーテンでも装飾タッセルを合わせることによってお洒落で素敵な雰囲気の部屋に仕上げることも可能です。またデザインが施されたカーテンは、そのデザインだけで色んなカーテンの顔を楽しんでいただけますが柄の大きさによっては部屋が狭く感じたり圧迫感を感じてしまうこともあります。シンプルなカーテンであれば部屋を広く見せること、圧迫感を感じさせずに部屋の主役を違う装飾にもっていくことも可能です。その上でシンプルなカーテンに装飾タッセルを合わせることでカーテンにも華を添えることができます。皆様のコーディネートの幅が広げれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました