カーテンレールで寒さ対策。熱を逃がしにくい方法とは?

[投稿日],

オーダーカーテン担当の森です。
これからの季節どんどん冷え込んできますが、皆さんお家での寒さ対策はどのようにされているでしょうか?夏よりも分厚めのカーテンに模様替えする、保温性の高い機能が付いたカーテンを購入するといったようなことが挙げられます。カーテンを変えることで寒さを防ぐ方法も多くありますが、今回は取り付けるカーテンレールで寒さ対策や省エネが可能な方法をご紹介したいと思います。

・カーテンレールをリターン縫製が可能な仕様にする。

カーテンレール サイドカバー リターン仕様
一般的なカーテンレールは直線のレールを2本並行に並べ、等間隔に部品でレールを固定しているタイプがほとんどで、カーテンもレールと同様に手前に厚地カーテン、奥にレースカーテンを並行に吊るすのが一番多いパターンです。その場合、厚地生地とレース生地の隙間から窓からの熱や冷気が入り込み夏は冷房が効きにくく、冬は寒さが入り込んできます。ですが、レールのサイド部分にカバーを付けることによって、熱や冷気を防ぐことができるようになります。これは手前の厚地カーテンを奥のレースカーテン側まで生地をもっていけるような金具がサイドのカバーに付いているため、厚地カーテンをレースカーテン側までかけれるように作ることによって端からの冷気の出入りを防ぐことができます。

・カーテンレールにトップカバーを付ける。

カーテンレール カバートップ
こちらはレールの上部に取り付けることができるトップカバーです。上からの空気の出入りを防ぎ断熱性を高めます。また上部からのほこりも防ぎ、楽に掃除をしていただきやすくなります。レール取付時に一緒に取り付けるタイプと後から取り付けれるタイプとあります。

番外編 既にレールがついている場合は後入れのリターン金具を使う

カーテンレール キャップ一体型リターン金具
後から入れることが出来るリターン金具もあります。通常のレールに取り付けることが可能で取り付けも簡単にしていただく事が可能です。取り付ける際は、レール端部のキャップを外しキャップのネジに金具をはめ込んで使っていただきます。

まとめ

寒さ対策はいろいろな方法がありますが今回はレールでできる寒さ対策、省エネ対策をご紹介させていただきました。サイドカバーを付けることによって見た目にも1ランク上がったような上品さが生まれますので是非おススメしたい商品です。お洒落な装飾性レールも素敵ですが、機能性レールで省エネ対策というのもこれからはカーテンを活躍していく時代ではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました